Misato

記事一覧(13)

何度でも使えるエコラップ「びわぼちミツロウラップ」

\今話題のミツロウラップの手作りワークショップ&販売/"ミツロウラップ"とは何かご存知ですか?ミツロウラップとは名前のとおり、蜂の巣の原料である蜜ろう、オイル、天然樹脂を綿や麻などの生地にコーティングした「食品用ラップ」のことで、洗って繰り返し使いゴミを減らせる、地球にやさしいエコラップです。使い方はプラスティックラップとほぼ同じ、野菜、果物、おにぎり、サンドイッチ、チーズなどの食品を直接包む保存や容器のフタなどに使います。程良い粘着性があり、手のあたたかみで形を整えることであらゆる形にフィットし、冷蔵庫に入れるとかたく固まります。びわぼちミツロウラップはふだん関西を中心に、環境やミツバチのお話を交えた、手作りミツロウラップのワークショップをしていますが、今回は特別にお好きなミツロウラップを、その場で簡単に手作りして持って帰っていただくショップを出店します♪使い方のコツやミツロウラップをめぐるトリビアなど、楽しくお話しながら簡単に作れます。最近ニュースでも取り上げられているようなプラスティックゴミが環境に与える影響や、カラダへの影響が気になっていた、興味があるけど実際に見たことがない人、この機会にぜひ自分だけのお気に入りミツロウラップを手作りしに来てくださいねー♪お待ちしてまーす♪

フラワーレメディセラピー 「エストレーラギア」

フラワーレメディセラピー 「エストレーラギア」https://ameblo.jp/estrelaguia20151936年英国の医師であったバッチ博士は、病気や不調の原因は感情や精神状態のアンバランスにある事に着目し、野生の草花や木になる蕾から感情のバランスを癒す植物を見つけだし、フラワーレメディの癒しのシステムを完成させました。不調の時に人が陥る特定の感情や精神状態の症状を38種類のフラワーレメディでカバーし、さらにもう1種類のレスキューレメディで緊急時に対応します。◆バッチフラワーレメディのセラピーは現在では60カ国以上の国々で医師や看護士、獣医等にも使用されていて、英国では薬局を中心に多くのお店でも取り扱われており、80年近くの歴史がある信頼のおける療法です。身体的な治療を妨げると考えられるような不安感、落ち込み、絶望感などに対応し、病と闘う人をサポートします。又、強いストレスを感じた時に不調に陥る事を未然に防ぐ事ができ、医学的な診断が特定できない症状で不調に陥っている人の助けとなります。カウンセリングでは、お話を通して 傾向性や心の症状をもとに、必要なレメディを選び専 用のブレンドボトルをお作りします。フラワーレメディにより感情面のアンバランスを中和する事で本来の自分らしさや、希望や喜び、穏やかさ、好意などポジティブな一面を取り戻し、気持ちの整理をする事で陥っている問題を乗り越えていくお手伝いをさせて頂きます。バッチ国際教育プログラム終了プラクティショナー吉田 実 Minoru Yoshida==私も何度も受けているバッチフラワーセラピー。話を聞いていただき、心の根本的原因をさぐりその症状にあったフラワーレメディを処方してもらいます。フラワーレメディは本当に穏やかな気持ちになれます。ぜひ皆さんにオススメしたいとご紹介させていただきました。(ゆとり・神波)